オフィスレイアウトで注意すべきこと

オフィスレイアウトは業務効率や職員のやる気にも影響を及ぼす重要な事項です。オフィスレイアウトで最も大切なことは職場の仕事内容を把握することです。常にコミュニケーションをとらなければならない職場と、クリエーティブな仕事が中心の職場ではレイアウトが異なります。オフィスに常に職員がいる場合と、ほとんどの職員が外廻りをしている場合では、レイアウトが異なります。オフィスレイアウトでは基本的な必要寸法を頭に入れておく必要があります。部屋の面積は一人当たり2坪が必要です。これよりも狭くなると、過密状態の居心地の悪いオフィスとなります。人の動線やオフィス機器の配置も考える必要があります。窓の大きさと向き、換気扇の位置、空調の吹き出し口の位置も、オフィスのレイアウトでは考慮が必要です。

オフィスレイアウトの基本的な型

オフィスレイアウトには基本的な方があります。デスクの向きでは対向式と同向式があり、対向式はデスクを向かい合わせて配置し、職員がデスクを挟んで向かい合う方式です。コミュニケーションがとりやすく、他の職員の仕事を把握しやすい形です。同向式はデスクを同じ向きに配させる方式です。仕事の流れに応じてデスクを配置でき、仕事の集中度も増せる方法です。従来行われていたこれらの方式に加えて、近年は新たなオフィスレイアウトが用いられるようになりました。ブース型は個人がそれぞれのブースにこもり、仕事をする方式です。クリエーターやプログラマーなどの集中力を要する職場に向いている方式です。フリーアドレス式は対向式と同じデスク配置をとりますが、職員ごとに固定した座席を用いない方法です。外廻りの多い職場に向いていて、ロッカーやインターネット用ブースは別に設ける必要があります。

オフィスレイアウトを外部へ依頼する方法

オフィスレイアウトは、業務として行っていないほとんどの職員にとっては難しいものです。レイアウトを専門とする業者に外注できれば、それにこした事はありません。経費の問題で外注ができない場合は、パーティションやデスクの発注時に合わせてレイアウトを依頼する方法が考えられます。物品の購入と合わせて依頼することで、レイアウトの費用は無料になるケースがほとんどです。パーティションやデスクの販売業者は、日常的にオフィスのレイアウトを行っています。物品の購入を条件にすれば、喜んでレイアウトの計画をしてくれるはずです。外部にレイアウトを依頼する場合でも、職場の仕事の仕方を伝えることが大切です。オフィスレイアウトは職場ごとの仕事に対する考え方が如実に反映されます。

会社内のコミュニケーションに自然と繋がり連帯感を生みだします。 対象エリアは東京、名古屋、大阪の大都市を拠点に置き、2011年9月には現地法人をベトナムにも開設しました。 東京、名古屋、大阪におけるオフィス物件の選定から、外壁工事や内装設計、家具や通信インフラまで総合的なサービスを提供しています。 オフィスレイアウト相談乗ります