オフィスレイアウトで失敗しないために

会社の仕事を効率的にこなすのは個人の能力が重要になります。採用するときに、できるだけ適材適所を考えて採用することで、効率的な仕事ができるようになります。もちろん、その仕事に向いていない人であればわざわざ雇う必要はありません。面接の段階で落とせばいいのです。落とすというと冷たいイメージやマイナスなイメージがあるかもしれませんが、実際にはそのようなことはなく、相手に対して、あなたはこの仕事やこの会社は向いていないので、他の業種や他の会社を選んだほうがいいというメッセージとも取れます。それをうまく受け止めることで、より良い会社に就職して活躍することができます。個人的なこととは別に、オフィスレイアウトも会社の事業の効率化をするためには重要な物になります。

オフィスレイアウトについて知っておこう

オフィスレイアウトは、文字通り、オフィスのレイアウトをすることです。主に、机の配置をどのような形にするかを決めることと考えておけば間違いないでしょう。オフィスといってもさまざまな業種や職種があります。すべて同じように机を並べておけば効率化を図ることができるというわけではありません。その業種などによって机の配置の仕方を変えることで、効率的な仕事をすることができます。オフィスレイアウトに関する業者もありますので、ある程度人数を抱えている会社で、業績が伸び悩んでいるとしたら、オフィスレイアウトについて真剣に考えてみてもいいかもしれません。オフィスレイアウトの一例としては、対面式のレイアウトがあります。2つの机をお互いに向き合うようにするレイアウトです。

場面によって異なるレイアウトについて

対面式のオフィスレイアウトをする場合には、机を8ぐらい並べて2つずつ向き合うようにすることで、一つの組織ができます。例えば、第二営業課なら第二営業課8人で一つのユニットを作り、それぞれの机を向き合わせることで、業務の無駄を省くことができます。この対面式のオフィスレイアウトは、営業職や事務職で向いています。次に、フリーアドレス式のレイアウトがあります。対面式レイアウトと非常に似ていますが、椅子の配置を自由にすることができます。つまり、椅子を増やしたり減らしたりすることで、人数の上限を変えることが可能になります。人数が固定されておらず、変動が激しい課などの場合には、フリーアドレス式を利用すると効率的に仕事を行うことができます。スペースが多くできるため仕事がし易いのもポイントです。