オフィスレイアウトの仕方で仕事のやりやすさは変わる

会社の売上げをアップするための方法の一つは、作業効率を上げることにあります。作業効率はなかなか目に見えないためわかりにくいですが、会社によっては作業効率が非常に悪く、赤字になってしまっている所もあります。逆に、作業効率を徹底したおかげで、残業を一切せず、しかもずっと黒字続きの会社もあるのです。普段目に見えない作業効率でも、結果として数字で出た場合には、それがいかに重要なことかが分かるのではないでしょうか。作業効率を変える方法として、オフィスがある場合にはオフィスレイアウトを変更することが挙げられます。オフィスレイアウトは作業効率に直結するため、できるだけオフィスレイアウトについて考えることが重要になります。このオフィスレイアウトもいくつか種類があります。

それぞれの業種に向いたレイアウト

オフィスレイアウトの中で一般的な物の一つに対向式レイアウトがあります。別名島式レイアウトです。机が2つずつ向き合っており、それがずらっとくっついて並んでいるレイアウトです。ちょうど上から見ると長方形にみえるその形は、営業職などに向いています。課で一つのユニットを作ることで、作業効率を上げていくわけです。余り外回りに行かない営業職や事務職などに向いているレイアウトということができるでしょう。次に、対向式レイアウトに似たものに、フリーアドレス式レイアウトがあります。真上から見た図は、まさしく対向式レイアウトと同じなのですが、机一つに椅子が一つという感じではなく、椅子を増減することができるタイプになります。椅子を減らすことで、一人のスペースが多くなり、仕事をし易くなります。

テレアポにも使えるレイアウトとは

オフィスレイアウトの中でもテレアポなどで使われている物としてスクール式レイアウトがあります。スクール式レイアウトというのは、皆が同じ方向を向いているレイアウトになります。学校であれば、どの座席も黒板に向いて座るタイプになっていたはずです。一人だけ後ろを向いていることもあるかもしれませんが、それは単に授業をサボっているだけです。スクール式レイアウトは、個人の集中を重視している点に特徴があります。つまり、対向式レイアウトなどとは違い、コミュニケーションをとることを前提にしていないのです。まさしく、テレアポのように個人個人が独立して作業をする場合に向いています。最後に、ブース型レイアウトがあります。ブース型とは、名前の通りブースで仕切られているタイプになります。