成功例から学ぶオフィスレイアウトとは

会社の業績が悪いときに、レイアウトを変更すると業績が上がることがあります。オフィスレイアウトにはさまざまな形がありますが、例えば、壁紙を替えるだけでも効果があります。オフィスレイアウトの効果として、壁紙を新しくすることで、集中力を発揮することがあります。また、観葉植物や色彩の綺麗な花をおくことで、やはり効率が良くなることもあるのです。そのような実例があるとすれば、できるだけオフィスに手を入れることがふさわしいでしょう。オフィスレイアウトは、それだけではありません。机の配置も重要になります。効率よく仕事をする机の配置の仕方や、移動しやすい机の配置のしかた、そして、集中しやすい机の配置の仕方などいろいろなやり方があります。それぞれ具体例を見ておきましょう。

対向式レイアウトで作業効率を高める

一般的なオフィスの机の並べ方は、対向式レイアウトというオフィスレイアウトになります。机が向かい合っており、それらが横にずらっとつながっている感じです。真上から見ると、長方形の形をしていると言えばわかりやすいでしょうか。その対向式レイアウトの特徴は、コミュニケーションをする必要がある仕事の場合には効率的になります。すぐ目の前の人に書類を渡す場合や書類をもらう場合、斜め横の人にはんこを押してもらう場合などは非常に効率的と言うことができます。主に、事務系の仕事をする場合に向いています。似たようなレイアウトにフリーアドレス式レイアウトがあります。このオフィスレイアウトの特徴は、机がつながっていることです。そのため、一人一つの机を使うと言う観念がありません。

仕事の集中力を高めるレイアウトとは

事務系や営業系の仕事に向いているレイアウトが、対向式レイアウトやフリーアドレス式のレイアウトなら、テレアポなどの個人で行う仕事の場合は、対向式レイアウトなどでは不十分です。効率よく仕事をするというレイアウトではないのです。もし、テレアポなどを職場の場合には、スクール式レイアウトがいいでしょう。スクール式レイアウトとは、学校と同じように、皆が同じ方向を向いて仕事をしているレイアウトになります。従業員間で仕事上のコミュニケーションを必要とせず、黙々と集中をする仕事に向いています。テレアポなどの場合は、例外的な場合を除き、他の人とコミュニケーションをとることなくひたすら電話をかけていますが、まさしくスクール式レイアウトがぴったりなのです。このように、集中しやすいレイアウトもあります。