理想的なオフィスレイアウトとは

オフィスレイアウトには様々な種類があります。向かい合う形になる「対向式レイアウト」・学校のような同一方向に並べる「スクール式レイアウト」・背中合わせで座る「背面式レイアウト」・」左右対称型で収納と作業スペースが広く、作業に集中できる「左右対称式レイアウト」・左右対称型で収納と作業スペースが広く、作業に集中できる「フリーアドレス式レイアウト」などがあります。個人で黙々とこなす仕事なのか、みんなと話し合いながらコミュニケーションの必要な職場なのかによってオフィスレイアウトは変わってきます。それぞれの職場に合った理想的なオフィスレイアウトだと、仕事もはかどりますよね。会社自体が明るいと自然にオフィスレイアウトの環境も明るくなり自分の机に座るのが楽しくなります。

個人で黙々とこなす職場に理想的なオフィスレイアウトとは?

できれば静かな環境で個室のような落ち着いた環境で仕事ができるのが理想です。「ブース式レイアウト」という形があります。デスクの周囲をパネルなどで囲い周囲の音や視線を防ぎ、作業に集中できるようになります。プログラマーやクリエーターなど高い集中力が必要な職場に適しています。周囲を囲うパネルの高さによっては、自分の空間で集中でき、コミュニケーションも取りやすくなります。デスクが統一されているため人員変動も際も移動がしやすくバランスの良いオフィスレイアウトです。集中力が必要な職場や、個人で黙々とこなすような仕事の場合は上記のような、囲いがあったり、仕切りがあると集中力も増し仕事がはかどります。なかなか理想的なオフィスレイアウトがあるという職場は多くないでしょう。会社自体が働く皆の事を考え集中できる・仕事のはかどるオフィスレイアウトにしていきましょう。

チームワークに必要な職場の理想的なオフィスレイアウトとは?

チームワークを必要とする仕事は今たくさんあります。意見を出し合ったりする為に最適なオフィスレイアウトが良いですよね。「フリードレス式レイアウト」は形が「対向式レイアウト」に似ていますが、固定席がなく、在席率によって調整するためスペース効率が良いです。席を固定しないことで様々な部署の方ともコミュニケーションが取れますチームワークが必要な職場に一番向いているのが「背面対向式レイアウト」です。チームごとに一つのブースを作り、デスクを背中合わせにするという形です。向き合うことがないので、ほかの人の視線を気にせず仕事ができます。後ろを向けばすぐにコミュニケーションも取れます。企画・開発職などチームでの協同作業が多い職種に向いています。集中とコミュニケーションを両立できる事はチームワークにとって理想的なオフィスレイアウトです。